美脚と脚のしわ

ある程度の年齢になってくると、足のしわが年々気になってきている人も多いのではないだろうか?美脚に見られるためのポイントはいくつかあるが、部位は気にしなければならないだろう。太もも、ヒザ、ヒザ裏、ふくらはぎ、くるぶしやアキレス腱などの足首などが代表例である。また、全体的な肌、ムダ毛の有無というのも含まれるから、非常に多岐にわたる。
これらの部位はある程度細くなければ美脚とは言えないし、汚れていてもシワがあってもいけないし、特に年齢によって、より深く顕著にでてくるもので、そんな脚は残念ながら美脚とは言えないだろう。脚の中で特に気になる部位はヒザとヒザの裏であろう。
ヒザやヒザ裏で問題なのはシワだが、特に、まっすぐ立った時のヒザ小僧のあたりに寄るようだと老けてみられやすい。これは、ヒザのたるみが主な原因だ。ヒザの筋肉が衰え、重力に負けて垂れ下がり、ヒザやその周りがたるんでくると、その重みでシワができる。ちなみに垂れ下がるのは太ももの筋肉であり、太ももも合わせてのケアが大切だ。
また、ヒザの裏にはリンパが集中しており、リンパの流れが滞りやすくなると、老廃物も溜まりやすくなる。そのリンパ節を刺激することで、リンパの流れをよくし、ヒザ全体のシワ、脚全体のむくみを解消することができる。